クリニックとエステサロンのアフターフォローの違いは?

ヒゲ脱毛はクリニックでもエステサロンでも受けることができます。
ただ、実際に受ける事ができる施術方法が違っており、クリニックの場合はレーザーを利用する方法やニードルを利用する方法となり、エステサロンの場合は光を利用する方法になります。

 

両者の効果に関しては大きな違いがありますが、基本的には何度か施術を受けることによってヒゲを綺麗に脱毛することは決して不可能ではありません。
クリニックとエステサロンの脱毛機の違いは?

 

では、アフターフォローに関してはどのようになっているのでしょうか。

 

アフターフォロー自体に違いはない、トラブル時に違いが出る

基本的にヒゲ脱毛を行う施設のアフターフォローに関しては、それ程大きな差はありません。
比較的エステサロンの方が肌のケアも同時に行ってくれることが多いと言えますが、クリニックもできるだけ肌トラブルを起こさない様にする為にアイシングしたりしてくれるので、方法は違っていたとしてもアフターフォロー自体はあります。

 

ただ何らかのトラブルが起きた場合の対応が違うと言うことは知っておくべきです。

 

ヒゲ脱毛をした場合、人によっては痛みや痒みなどが起きてしまったり、腫れ、皮膚疾患などが起きてしまうこともあります。これはその人の体質や体調等によっても起きてしまうことがあるので、どこで施術をしたかと言うことはあまり関係ありません。

 

では、こうしたトラブルが起きた場合はどういう対応になるのでしょうか。

 

医療行為ができるのはクリニックだけ

エステサロンの場合は肌の状態を見てもらうことはできますが、肌ケアなどができるだけで根本的な治療ができません。もちろん薬を使うと言うこともできないので、症状を改善すると言うことはできないと思っておく方が無難です。

 

他にも痛みを伴うのがヒゲ脱毛ですが、麻酔は医療行為に当たるため、医療機関でしか行えません。ただし、エステサロンの脱毛機は出力が弱く、麻酔するほどの痛みがないため、麻酔の必要はありません。それだけ効果が低いという点は理解しておく必要がありますが…。

 

反対にクリニックの場合は医療機関なので医療行為を行うことができます。湿疹などができてしまっている場合もそれにあった薬を投薬することができます。

 

クリニックとエステサロンの大きな違いは、医療行為ができるかできないかと言う点です。そのため実際に施術を受ける場合はどちらを選ぶべきか良く考えなければいけません。

 

エステサロン自体は医療行為はできませんが、万が一トラブルが起きてしまったら皮膚科に行って診て貰えば良いだけなので、医療行為ができないからと言ってエステサロンを選ばないと言う絶対的な理由になるわけではありません。ただし、手間もかかりますし、施術院と治療院が違うため、しっかりと説明をする必要もあります。この辺りの手間をどう考えるのかもクリニックかエステサロンかを選ぶ上で重要な部分と言えます。

 

どちらにしても重要なのは施術後にどのようなケアをしてくれるか、さらに万が一トラブルが起きてしまった時にどうすれば良いかと言うことを自分自身が良く考え、調べ、予め準備しておくことです。